いのちのありかたを見つめるつどい 第四回「いのち」

日時:平成22年5月30日(日)
会場:高知市文化プラザかるぽーと(大ホール)
開場12:00 開演13:00 終了16:15
入場無料

第1部 [13:00∼13:55]「心の中の小さなエピソード」優秀作品発表会
第2部 [14:10∼15:25]藤原茂 氏 講演
第3部 [15:25∼16:05]二階堂和美ライブ!

作業療法士・NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」出演
藤原茂 氏 講演
「い・き・る支援」

作業療法士。夢のみずうみ村代表(山口市)。
氏が運営するデイサービスセンターは脳卒中などで言葉や体の機能を損なった人々が驚異的な回復を果たし全国から注目される施設。
その施設は笑いと驚きに満ちている。壁のあちこちに貼られたクイズ。施設で開かれるカジノ大会。娯楽を通して脳と身体を動かし、機能回復を目指す。施設内に障害物を設けバリアフリーならぬ「バリアアリー」にすることで日常の動作をリハビリにつなげる。「心が動けば、体が動く。」本人の意思が引き出されれば、リハビリはもっと楽しくなる。
そして、体の機能を回復させるだけでなく、「人生を回復」し、「障害を抱える前よりも、もっと人生を輝かせる」、「生きがいとは人の役に立っていることから生まれる」。それが氏の目指すリハビリだ。
そうした従来のリハビリの常識を覆すような独自の哲学、リハビリにかけるひたむきな情熱や姿が昨年、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で紹介され全国の多くの共感を呼んでいる。

いのちを奏でるシンガーソングライター
二階堂和美

広島県生まれ。自ら作詞作曲したオリジナルから、懐メロから聞き馴染んだ流行歌までジャンルを超えたカバーソングまで幅広い音楽活動を続けるソロシンガー。
海外を含む精力的なライブ活動や「日産マーチ」をはじめCMソングでも知られる。
まるで楽器のように表情豊かな歌声が魅力で、その命を燃やすようにエネルギッシュなライブは世代も言語も超えて聴く者の心をとらえ続ける。浄土真宗本願寺派僧侶でもある。

主催:真言宗智山派高知教区
後援:真言宗智山派宗務庁、高知県作業療法士会、高知新聞社、RKC高知放送、KUTVテレビ高知、KSS高知さんさんテレビ